1.23.2014

SNOWSURFIN' SESSION CAMP 白馬 写真

SNOWSURF MEET in Hakuba 2014
SNOWSURFIN' SESSION CAMP 1/13

レポート&キャンパーの写真をアップします。


午前中はカメラマン、チューンナッパーでおなじみのMasahiko Sato氏からレクチャータイム
将彦さんは秋田市から一番近いスキー場でJSBAスノーボードスクールを主宰しています。

当日は昨夜の降雪で膝パウダー!
もちろん白馬コルチナのパウダーを2本いただき皆さん笑顔~
しかし、これからレッスンのためフラットバーンへ~

フラットバーンで基本姿勢から始まり~加重、抜重を確認。
おいしそうな膝パウを後目にゲレンデ緩斜面へ~(笑)
ロングターン、ミドルターンは加重、抜重をしっかりと意識。

続いてショートターン~
急斜面を攻略することと、いつでもどこでも安全に止まれることを意識しながらショートターンを練習。


そして、午後からは私がコーチング
山頂まで上がり、迂回コースの壁をアップスーンやら当て込みやらでつなぎながら、たどり着いたのはまだ柔らか目の急斜コブ斜面へ~
脇の壁にパウダーが残っていたらもちろん皆さんで頂きます(笑)


午前中練習したショートターンをコブ斜面で実践。
ボードが暴走しないようにしっかりと板をずらし、スピードコントロールの練習。
だんだん出来るようになると、普段滑らないコブ斜面が楽しく見えてきます(笑)
このショートターンを習得するとバックカントリーでの悪路や急斜面でも安全に滑り降りてこれるようになってきます。


そしてゲレンデでロングターンの復習~
写真はそのときのもの。
レッスンのポイントを押さえていくと自然にソール面で走るスノーサーフィンスタイルへいつの間にか進化していきます!

本日はここで終了。
ソール面で踏んでいくロングターンに確実性が増していったら次はカットバックの練習をします。






【 佐藤将彦 プロフィール 】

1980年代からスノーボードを始め、日本チャンプ高橋邦彦氏の元で自身のベースを作る。JSBA日本スノーボード協会公認テクニカルスーパーバイザー、公認B級インストラクター、公認スロープビルダー、公認A級セッター等のライセンスを持ち、自身で秋田市スキー場大平山オーパスでスクールを主宰する。長きにわたって、小番直人とスノーサーフ、バックカントリーを研究、追及している。

○SNOWSURF MEET次回開催 

・2/8-9高鷲スノーパーク(岐阜) 
  8日 SNOWSURFIN' LESSON CAMP
・2/15-16丸沼高原スキー場(群馬)
  15日 SNOWSURFIN' LESSON CAMP
※申し込みはこれから開始です。

○SNOWSURF MEET 

試乗会、試着会、ライダーセッション、キャンプを組み合わせたSNOWSURFIN'イベント





0 件のコメント:

コメントを投稿